• トップ

日本の介護における問題点

介護の業種は、就労者の就職と退職が頻繁に行われている現状があります。これは高齢者のおむつ交換や入浴介助のため、身体を抱きかかえたり、支えたりする中腰の作業が多く身体的に辛い負担が掛かる部分が多いことと、自分の不注意により、利用者を危険にさらさないよう、絶えず気を配っていなければならない精神的なストレスが多いことなどが理由のひとつとなっています。しかし、重労働な仕事内容に対して、介護職員に支払われる報酬は決して満足のいくものではないため、離職者が多いことに拍車をかけています。地方に行けば行くほど、介護職員の人材不足は深刻な状況となっています。高齢者に限らず、人は誰しも住み慣れた環境で生活していきたい想いがあります。生まれ育った場所で介護が必要な状態になれば、周りがサポートして生活しなくてはなりません。サポートする人員が居ないからといって、すべての高齢者を、人口が多い場所へ移してケアを行うなどということはできませんので、人口不足に悩んでいる地方でも、サービス事業所が必要になってきます。しかし、介護を担う若い世代は、仕事を求めて地方から人口の多い都市部へ移り住む人が多く、ますます人材が不足してしまいます。これから団塊の世代が後期高齢者に向かっていく日本の最重要課題のひとつとなっています。

↑PAGE TOP