• トップ /
  • 人材供給不足による介護業界

介護業界は常に人材不足な状態

高齢化社会により介護業界の需要がますます必要とされている中、人材の不足により供給が追い付いていない状態ですが、介護は人と人とのつながりを深く感じることが出来る仕事でもあります。自分の行った介護により、高齢者の方が喜ぶ姿を直接見られる機会はまたとありません。核家族化が進み、高齢者が高齢者を看るという状況の中で困窮している家族を支えることも大事な仕事のひとつと言えます。通所施設などの利用で日常に必要な生活の動作を取り戻し、依然と変わらない暮らしができるようになることもあります。人と人とのかかわりを持つことで生きがいややりがいを感じ、明るく元気に過ごす姿を取り戻すことが出来ます。人材の不足による原因は低賃金であるといわれていますが、国からの補助で処遇改善を少しずつ行っていることもあり、給料面では改善されてきています。供給が追いつかないほどの需要がある中、十分なサービスを行うためには介護福祉士などによる専門的なケアを行える人材の育成を行い、人員不足の解消が目下の課題となっています。人員の供給が追い付けば、今よりももっと高齢者の生活が充実したものとなり、サービスやサポートも充実していくこととなります。

↑PAGE TOP